ABOUT TOMOYAS TOP 蜜蝋

ABOUT TOMOYAS

CONCEPT

In the midst of chaos of the universe and
the everlasting current of time, fragments of pink corals and
white shells on the seashores are innocently shinning and playing with the
firmament and the waters. The wonder of the invisible current and the beautiful shapes
of visible things… “Tomoyasu”aim to conceive and fashion art jewelry with the
dignity and originality that will touch every heart.

 

半世紀の歩み

半世紀の歴史を歩み続けたTOMOYAS
1972 年 TOMOYAS は小さな鳥やフィギュリーンをつくることから始まりました。
蜜蠟を材料にいろいろな形が出来ることが楽しくて、
自由に原型を作っては、小さな彫刻からペンダントやリングなどの作品にしていました。
次第に、身に着けたときのフィット感や使い易い機能への追求と形との 両立も重視した作品へと成長しました。
また、使う金属の素材はシルバーから 18 金やプラチナへと転換し、
そこへ彩り豊かな宝石が加わって、ジュエリーとして大きく幅が広がりました。
TOMOYAS の最大の特徴は、動物や植物、花も、楽器も自然の表情も、
すべての形が TOMOYAS の 愛情あふれる視線から生まれる形のジュエリーです。
金属の仕事はエネルギーも時間も必要な物ですが、
何よりも、温かい作家魂を注ぎながらつくり続けてきました。
そして、TOMOYAS は半世紀年の歴史を積み重ね、歩み続けています。
TOMOYAS のジュエリーを手にしたとき、身に着けたときの お客様の感動や笑顔に出会えてきたことが、
今も作品をつくり続けている原動力だと実感しています。
40年間、お客様を通して得たたくさんの経験は大切な宝物です。これからもこの経験を更に発展させ、
つくりはじめた頃と同じように形を大いに楽しみながら TOMOYAS のジュエリーを
着けてくださる皆様にも喜ばれる 作品を作り続けたいと思っています。

ともやす半世紀の歩み

 

 



友安 昭 AKIRA TOMOYASU

友安 昭
AKIRA TOMOYASU

静岡市生 東京芸術大学美術学部工芸科 同大学院にて鋳金、基礎デザインを学ぶ JJDA 会員

幼時から今現在も昆虫や蝶が大好きで 庭の木に蝶の幼虫を見つけて、成長を楽しみ、アリや虫、近所の猫たちとの会話も楽しむ。デジカメでの観察、記録にも余念がない。

Akira Tomoyasu studied the metal casting and basic design in Tokyo National University of Fine Arts and Music and the post graduate course.

Since his childhood, he has loved to watch insects and butterflies. Also, He was gifted to talk with any kind of insects and nature. Still now, He studies and records those with a digital camera.



友安 眞智惠 MACHIE TOMOYASU

友安 眞智惠
MACHIE TOMOYASU

東京生 東京芸術大学美術部工芸科 同大学院にて鋳金を学ぶ

小さな庭は野山か野原のよう。山野に生きる草花や動物。小さな生命の輝きが宝物。その、心にためた宝物を糧に制作をし続けている。

Machie Tomoyasu studied the metal casting in Tokyo NationalUniversity of Fine Arts and Music and the post graduate course.

Her small garden is like an open field. Bright and animated nature is her treasure and she keeps them in her mind for designing jewels.