HISTORY

40年の歴史を歩み続けたTOMOYAS

1972 年 TOMOYAS は小さな鳥やフィギュリーンをつくることから始まりました。

蜜蠟を材料にいろいろな形が出来ることが楽しくて、

自由に原型を作っては、小さな彫刻からペンダントやリングなどの作品にしていました。

次第に、身に着けたときのフィット感や使い易い機能への追求と形との 両立も重視した作品へと成長しました。

また、使う金属の素材はシルバーから 18 金やプラチナへと転換し、

そこへ彩り豊かな宝石が加わって、ジュエリーとして大きく幅が広がりました。

TOMOYAS の最大の特徴は、動物や植物、花も、楽器も自然の表情も、

すべての形が TOMOYAS の 愛情あふれる視線から生まれる形のジュエリーです。

金属の仕事はエネルギーも時間も必要な物ですが、

何よりも、温かい作家魂を注ぎながらつくり続けてきました。

そして、TOMOYAS は 40 年の歴史を積み重ね、歩み続けています。

TOMOYAS のジュエリーを手にしたとき、身に着けたときの お客様の感動や笑顔に出会えてきたことが、

今も作品をつくり続けている原動力だと実感しています。

40 年間、お客様を通して得たたくさんの経験は大切な宝物です。 これからもこの経験を更に発展させ、

つくりはじめた頃と同じように形を大いに楽しみながら TOMOYAS のジュエリーを

着けてくださる皆様にも喜ばれる 作品を作り続けたいと思っています。

history