AJAC立川展2011

Posted by | · · | 過去ブログより | AJAC立川展2011 へのコメントはまだありません

大震災から1週間が経ちました。

未だ想像を絶する状況の中におかれている被災地や

情報すら届かず 孤立したまま物資もない場所

さらに原発事故で片時も心休まるときのない地域の人々

何もかもがまだ進まぬまま時間だけが過ぎていきます。

この震災、大津波で亡くなった方々のご冥福を心からお祈りします。

ご家族や大切な方たちを亡くされた方々の悲しみは

計り知れないものと思います。

そして住む所や生活する術を失くされた方

すべての被災された方々にお見舞いを申し上げます。

どうか 少しでも早く安心して暮らせる日が来ることを願い

私達に出来ることを

日々積み重ねて 被災地に力を届けたいと

アトリエ一同 努力していきます。

私たちものつくりは

作品で表現して 思いを伝えたり問いかけをしたり

それが役割の一つだと思います。

このような大変な時だからこそ

表現を止めることなく 見ていただいた方々の

心を動かせる作品を作っていきたいとも思います。

今 立川のたましんギャラリーで『AJAC立川展2011』が

開かれています。

友安昭も新しい作品

「こぶ牛 時空遥か」

を出展しています。

22

平日のみ(土・日・祝日は休廊)

午前10:00~午後5:00まで (最終日は午後4:00)

多摩信用金庫本店9階

たましんギャラリー

3月17日~3月29日

ご覧いただけましたら嬉しいです。

 

2011.3.19


No Comments

Comments are closed.