アトリエのなか 1

Posted by | | 過去ブログより | アトリエのなか 1 へのコメントはまだありません

今年は奈良の平城京遷都1300年と 世の中が賑わっています。

ともやすが原型制作に使うミツローの歴史も

はるか1300年の奈良時代よりさらに前から続いています。

さて 奈良には神様のおつかいの鹿がたくさんいます。

奈良公園だけでなく

民家へ続く小路でも お寺の境内でも

そこここで鹿に出会います。

なんともやさしい眼差しの鹿と目が合うと

つい話しかけてしまうほど 親近感がわいてしまいます。

アトリエの中には

小さなころ おとぎ話で読んだ中に出てきそうな

おもしろい形をした鹿がいます。

Photo

何か言いたげな口もとに いつも目がとまります。

ふとした時に目に入る ちょっとおもしろい形が

アトリエのところどころにあって

その存在も

何かの発想につながっていくのかも知れません。

 

2010.5.21


No Comments

Comments are closed.